弁理士

弁理士の難易度は、最難関(5段階で5レベル)といえるでしょう。
弁理士はアイデアの特許申請を代行します。
現代はアイデアの時代。アイデア商品を生み出せば億万長者も夢ではありません。
個人のアイデアの特許庁への申請を代行するのが弁理士です。
特許、実用新案、意匠、商標登録といった発案者の権利を守る専門家で、
知財システムの中心的役割の担い手になります。
弁理士は業務独占の国家資格であり、独立開業に適しています。
受験資格は、実務、学歴、年齢関係なく誰でも受けることができます。
試験の受験者数は10384名、合格率は8.5%になります。
弁理士は職務の専門性からか理系の人が多く、文系の割合は20%以下。
受験者の多くが会社員や特許事務所など働きながらの受験となっているようです。
受験資格に制限はありませんが、国立大卒業者が多い傾向にあります。
弁理士試験は基本的に理系が有利と言われていますが、文系出身の合格者も存在しているので努力次第で合格は可能でしょう。
独学は現実的ではありません。資格スクールの活用は必須といえるでしょう。
弁理士試験で有名なスクールは、TACの弁理士講座です。
講師陣の豊富さ、授業の質など、弁理士試験講座に関しては他の学校の追随を許していません。
他の資格予備校と異なり、TACなら相性の合う講師を選択することができます。
弁理士資格の平均学習期間は3年~での合格者が多いようです。
平成20年度以降、免除制度の充実により合格しやすくなるでしょう。

【受験者データ】合格者の平均年齢は30代中頃で8割方理系出身。女性は約2割、男性は約8割。
【試験日と受験料】試験日は短答が5月、論文が6月~8月、口述が10月。受験料は12000円。
【収入・年収】30代で600万円~800万円程度。経営者になると年収数千万円程度も可能で、中には年収1億円超えの高額所得者も。

ピックアップ TACの弁理士

資格予備校のトップランナーであるTAC。

そのスケールメリットともいえる全国規模のネットワークは圧巻です

また講師、教材、カリキュラムの質の高さには定評があります。

「試験に合格する」ための指導をしてくれる講師、傾向を徹底分析した教材、

インプットとアウトプットを戦略的に行うカリキュラムなど充実の試験対策が取れます。

振替受講やフォロー制度、また自習室の完備などバックアップ体制は完璧です。

初学者にとってもわかりやすい体系的なカリキュラムが組まれているのはもちろん、

資格試験を乗り越える上で大切になってくる仲間との出会いも予備校では生まれます。

難関資格の壁というのは確かに厚いものですが、

資格予備校のトップをいくTACのサポートがあれば十分合格を狙うことができます。

TACの講座が気になった方はまずWEBからできる無料の資料請求をおすすめします。

複数の予備校の資料を請求してより詳しく見比べてみるのもよいでしょう。

TACの弁理士 で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ