簿記2級3級

簿記能力検定の難易度は5段階で2の易しいレベルです。
簿記能力検定は就職転職に有利な経理の入門資格になります。
簿記は、企業などの財産や出納を整理して記録し、その動きを明確にさせるものです。
優れた簿記能力、経理能力の持ち主はビジネスの世界でつねに求められているので、
資格を取得すれば、企業で経理事務を担当したい人の就職活動に有利になります。
簿記は公的資格で、受験資格は、実務、学歴、年齢に関係なく、誰でも受験できます。
試験種目は、2級は、個人及び法人企業の経理担当者、又は中堅経理事務員としての商業簿記の理解程度が検定されます。
3級では、簡易な実務能力を必要とする個人企業の経理担当者、又は経理事務員としての商業簿記の理解程度が検定されます。
試験の合格率は2級がおおむね60%程度、3級がおおむね70%程度になっています。
3級は難易度が低く、独学で短期間取得が十分に可能です。
2級以上はスクールを活用する人が多いです。
通信講座ならばユーキャンがおすすめです。
実際にある事例を交えてわかりやすく説明してくれ、図表やイラストを多く取り入れて、読みやすいテキストを使用します。
費用も通常のスクールと比べてお安くなっています。

ピックアップ ユーキャンの簿記(2級)講座 ユーキャンの簿記(3級)講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

簿記というのは、一言で言うと「帳簿をつけること」。

企業や商店など、経済活動のあるところでは、「お金の流れを把握する」ために帳簿記入の必要があります。

簿記は難しいことではないのですが、帳簿は誰がいつ見てもすぐ分かるようになっている必要があるため、一定期間ごとに、一定のルールに従って、記録・計算・整理しなければなりません。

そのルールを学ぶのが簿記の勉強です。

こうしたお金の管理はどんな規模や業種の会社でも、また個人経営でも欠かせないから、簿記ができる人のニーズは決して絶えることがないのです。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの簿記(2級)講座のページ ユーキャンの簿記(3級)講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ