ケアマネージャー

ケアマネージャーの難易度は5段階で3の普通レベルです。
ケアマネージャーは介護サービスメニューを作成する介護支援専門員です。
高齢化社会が進む中で需要が高まっている資格です。
介護保険制度で、お年寄りたちの介護計画を作る専門職。
介護保険指定施設にはこの専門員の1人以上の配置が義務付けられていることや、
介護ビジネスの将来性を見込んでか受験生は多いです。
合格者の累計では1位東京、2位大阪に続き、3位に神奈川が入っています。
受験資格は、保健・医療・福祉分野で従事期間が5年以上かつ実勤務日数が900日以上で、次の条件を満たす者が受験できます。
①指定する国家資格などに基づく業務に従事する者
②別に定める施設などにおいて必置とされている相談援助業務に従事する者
③別に定める介護などの業務に従事する者
試験の受験者数は140277名、合格率は23.6%になります。
試験自体の難易度はそれほど高くはありません。
資格スクールで講座も開講されています。
合格者にはスクールを活用する人、独学で合格する人どちらもいます。
通信講座ならばユーキャンがおすすめです。

ピックアップ ユーキャンのケアマネジャー講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

介護が必要とされる方に最適なケアプランを立て、サービスの調整を行い、きちんとサービスが実行されているか、あるいは効果が出ているかのチェック(モニタリング)を行なうのがケアマネジャーの仕事です。

ケアマネジャーの資格は社会的ニーズが高く、取得すれば就職・転職や結婚、出産後の再就職も有利になります。

仕事の幅が大きく広がり、キャリアアップにつながります!

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンのケアマネジャー講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ