衛生管理者

衛生管理士の難易度は、普通(5段階で3レベル)といえるでしょう。
衛生管理士は、食品関連企業全般で活躍できる、いわば職場の健康チェックマンです。
具体的な仕事としては、労働災害を未然に防ぐため定期的に健康診断を実施したり、照明や換気など職場環境のチェックを行ったりする総務・労務部門のプロフェッショナルです。
企業は基本的にパートやアルバイトを含めて、常時50名以上の人が働く職場では、衛生管理者を選任し、職場の労働衛生管理をしなければなりません。第2種は特定の業種に限られますが、第1種は有毒業務に関われるなど全業種を担当できます。
受験資格は、次のうちいずれか一つに該当すれば、受験できます。
①大学または高等専門学校(短大を含む)の卒業者:労働衛生の実務経験1年
② 高等学校の卒業者:労働衛生の実務経験3年
③中学校の卒業者:労働衛生の実務経験10年
など、詳しくはhttp://www.exam.or.jp/ でご覧ください。
験の受験者数は54140名、合格率は57.8%となっています。(第1種)
試験科目は、①労働衛生、②労働生理、③関係法令、になります。

【受験者データ】第1種は第2種の倍以上の受験者数で5万人以上が受験する。
【試験日と受験料】毎月1~3回行われる。
【収入・年収】資格手当が支給されることもあるようです。

ピックアップ ユーキャンの衛生管理者合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

衛生管理者とは、労働災害を未然に防ぐため定期的に健康診断を実施したり、照明や換気など職場環境のチェックを行ったりする総務・労務部門のプロフェッショナルです。

労働安全衛生法により、常時50人以上の従業員を使用している事業所では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。

しかし実際には有資格者の絶対数が不足していることもあり、未選任の企業が多いという実情があるため、持っていると将来的にもたいへん有利な資格です。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの衛生管理者合格指導講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ