ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの難易度は、普通(5段階で3レベル)といえるでしょう。
ファイナンシャルプランナーは、金融、保険の分野で活躍できる生活設計のアドバイザーです。
個人の家族構成、収入・支出、資産・負債、保険などあらゆるデータからトータルな生活設計を立て、その実行を手助けする家計のホームドクターです。
金融商品、株式、税制、年金などの幅広い知識が必要で、人の人生を左右しかねない職務だけに高い倫理観も要求されます。
ファイナンシャルプランナーには、普通資格のAFPと上級資格のCFP資格があります。
2級FPの受験者数は70113名、合格率は29.6%です。
資格を取るには、AFPは、①日本FP協会が認定している認定教育機関が行うAFP認定研修を受講修了すること、
②2級FP技能検定に合格すること、
③①、②の遅い方の翌々年度末までに協会に資格認定会員として入会することでライセンスが授与されます。
一方、CFPは、①AFP資格認定者であること、
②教会のCFP資格審査試験に合格すること、
③協会指定研修の修了、
④3年の実務経験要件申請、になります。
ファイナンシャル・プランニング技能検定の難易度はそれほど高くはなく、
独学での合格も可能な試験といえます。
資格スクールも充実しているため、活用しても良いでしょう。
スクールを利用する最大の目的は、出題範囲の絞り込み、自力では難しい専門用語や概念の解説を教えてもらうことです。
ファイナンシャルプランナーの試験対策のスクールでは、「資格の学校TAC」がおすすめです。
「資格の学校TAC」は、ファイナンシャルプランナーの試験でも実績が高いです。
的中率の高いオリジナルテキスト、最強講師陣の分かりやすい講義、万全のフォロー・サポート体制、多様な受講スタイル、施設の充実など充実しています。
またコストを抑えたい方はユーキャンの通信講座がおすすめです。

ピックアップ TACのファイナンシャルプランナー

資格予備校のトップランナーであるTAC。

そのスケールメリットともいえる全国規模のネットワークは圧巻です

また講師、教材、カリキュラムの質の高さには定評があります。

「試験に合格する」ための指導をしてくれる講師、傾向を徹底分析した教材、

インプットとアウトプットを戦略的に行うカリキュラムなど充実の試験対策が取れます。

振替受講やフォロー制度、また自習室の完備などバックアップ体制は完璧です。

初学者にとってもわかりやすい体系的なカリキュラムが組まれているのはもちろん、

資格試験を乗り越える上で大切になってくる仲間との出会いも予備校では生まれます。

難関資格の壁というのは確かに厚いものですが、

資格予備校のトップをいくTACのサポートがあれば十分合格を狙うことができます。

TACの講座が気になった方はまずWEBからできる無料の資料請求をおすすめします。

複数の予備校の資料を請求してより詳しく見比べてみるのもよいでしょう。

TACのファイナンシャルプランナー で詳しくみることができます。


ピックアップ ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

国や金融機関に頼る時代が終わった今、自分の資産は自分で守り、運用する必要性を多くの人が感じています。

FPは、広い視野を持って資産運用の提案ができるスペシャリストとして、平成15年にFP技能士として国家資格化されました。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンのファイナンシャルプランナー講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ