不動産鑑定士

不動産鑑定士試験の難易度は、最難関(5段階で5レベル)といえるでしょう。
不動産鑑定士は不動産関係のトップライセンスです。不動産の鑑定評価を行います。
例えば売買取引される不動産、融資の担保となる不動産、課税対象となる不動産、などの適正な価値評価をくだします。
これは不動産鑑定士の独占的な仕事で、権威のあるものとされます。
不動産鑑定士は国家資格であり、独立開業が可能な安定した仕事と収入が望める資格です。
受験資格は、実務、学歴、年齢関係なく誰でも受けることができます。
試験の受験者数は2835名、短答式の合格率は26.5%になります。論文式の合格率は10.1%です。
試験日は5月に短答式、8月に論文式が行われ、受験料は13000円です。
試験科目は、短答式試験が、①不動産に関する行政法規、②不動産の鑑定評価に関する理論(択一式)。論文式試験が、①民法、②経済学、③会計学、④不動産の鑑定評価に関する理論、となっています。
申し込み期間は3月。書面による申請の場合は、各都道府県主管課へ。
電子申請の場合は、国土交通省オンライン申請システムで行います。
多くの方がスクールに通って資格の勉強をしています。
そのなかでも大手で評判がいいのがTACの不動産鑑定士講座です。
試験には1年もしくは2年程度は受験勉強に専念できる時間が必要になってくるでしょう。
そんななか効率的に勉強を進めるのにTACはおすすめです。
独学が不可能というわけはありませんが、「効率的に最短距離で合格するのにTACが役にたった」という受験生の声もあり、スクールに通いながら目指すのがベストでしょう。

【受験者データ】合格者の平均年齢は30歳強で女性の割合は20%程度。社会人の受験者も多い。
【試験日と受験料】合格発表は短答式が6月、論文式が10月。受験料は13000円。
【収入・年収】平均年収・収入は約700万円。独立すれば年収1000万~が一般的。

ピックアップ TACの不動産鑑定士

資格予備校のトップランナーであるTAC。

そのスケールメリットともいえる全国規模のネットワークは圧巻です

また講師、教材、カリキュラムの質の高さには定評があります。

「試験に合格する」ための指導をしてくれる講師、傾向を徹底分析した教材、

インプットとアウトプットを戦略的に行うカリキュラムなど充実の試験対策が取れます。

振替受講やフォロー制度、また自習室の完備などバックアップ体制は完璧です。

初学者にとってもわかりやすい体系的なカリキュラムが組まれているのはもちろん、

資格試験を乗り越える上で大切になってくる仲間との出会いも予備校では生まれます。

難関資格の壁というのは確かに厚いものですが、

資格予備校のトップをいくTACのサポートがあれば十分合格を狙うことができます。

TACの講座が気になった方はまずWEBからできる無料の資料請求をおすすめします。

複数の予備校の資料を請求してより詳しく見比べてみるのもよいでしょう。

TACの不動産鑑定士 で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ