販売士

販売士の難易度は5段階で3の普通レベルです。
販売士は流通業界で唯一の公的資格でキャリアアップに有利です。
消費者のニーズはどんどん変化し、その目は厳しくなるばかり。
販売する側はそれに応えて高度な商品知識をもつとともに、
管理能力や接客技術も身につけなくてはなりません。
そうした知識、技術、能力をレベルに応じて検定するのが販売士試験です。
販売士は公的資格で、受験資格は実務、学歴、年齢に関係なく誰でも受験ができます。
試験の受験者数は1級が1358名、合格率は25.3%、2級は12185名、合格率は55.4%、3級は31931名、合格率は57.4%になります。
試験科目は1級が、①小売業の類型、②マーチャンダイジング、③ストアオペレーション、
④マーケティング、⑤販売・経営管理、⑥面接、になります。
2級が、①小売業の類型、②マーチャンダイジング、③ストアオペレーション、
④マーケティング、⑤販売・経営管理。
3級が、①小売業の類型、②マーチャンダイジング、③ストアオペレーション、
④マーケティング、⑤販売・経営管理。
2級、3級程度なら比較的容易に取得ができそうです。
すべての級で独学での合格が可能な試験です。
合格率からも推測できますが、1級に関してはそれなりの学習期間が必要。
受験者の年齢層は20代が圧倒的に多く、次いで10代、30代も多い。
1級になると10代の受験者が減り30代の受験者が多くなります。
各商工会議所で養成講習会、通信教育講座の紹介もされています。
独学者は商工会議所から出版されている「販売士検定試験ハンドブック」を活用しよう。
(問題のほとんどはこの本から出題される)
通信講座ならばユーキャンがおすすめです。
実際にある事例を交えてわかりやすく説明してくれ、図表やイラストを多く取り入れて、読みやすいテキストを使用します。
費用も通常のスクールと比べて安くなっています。

ピックアップ ユーキャンの販売士講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

販売士は、流通業界で唯一の公的資格として高い評価と信頼を得ています。

試験では、接客法をはじめ、マーケティング、商品の仕入れや管理、売り場作り・・・と、幅広く実践的な知識が問われるので、有資格者は、「小売店舗で活躍できるプロ」としてその能力が証明されます。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの販売士講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ