保育士

保育士の難易度は5段階で3の普通レベルです。
保育士とは、保育所などで子供を預かり保育をする職業です。
厚生労働省の指定する保育士を養成する学校・施設を卒業した者、
又は保育士試験に合格した者など、保育士となる資格要件を有するものも、
都道府県に保育士登録しなければならない。
文部科学省が管轄する幼稚園教諭とは違い、厚生労働省管轄の資格。
保育士は、名称独占の国家資格で、受験資格に制限があります。
詳しくは全国保育士養成協議会に問い合わせること。
試験科目は、筆記試験が、①社会福祉、②児童福祉、③発達心理学及び精神保健、
④小児保健、⑤小児栄養、⑥保育原理、⑦教育原理及び養護原理、⑧保育実習理論。
実技試験は、筆記試験全科目合格者のみ行います。
音楽・絵画制作、言語から2分野を選択します。
試験の受験者数は41163名、合格率は12.6%になります。
通信講座ならばユーキャンがおすすめです。
実際にある事例を交えてわかりやすく説明してくれ、図表やイラストを多く取り入れて、読みやすいテキストを使用します。
費用も通常のスクールと比べて格安になっています。

ピックアップ ユーキャンの保育士講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

もちろん保育士は国家資格なので、ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するというわけではありません。

講座終了後に、当然資格取得試験を受ける必要があります。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

とくにわかりやすいテキストや、講師の添削アドバイスが受けられる点、2次試験対策のビデオまで網羅されている点は口コミでも定評があります。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの保育士講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ