インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの難易度は5段階で3の普通レベルです。
インテリアコーディネーターはインテリア・住関連業界で活躍できるスペシャリストです。
合格者の7割強が女性で、その平均年齢は31歳弱です。
若い世代が、低い合格率を突破している傾向にあります。
女性のセンスを活かせる仕事と言えるでしょう。
試験合格後に登録申請をして資格を得ます。
インテリア関連の企業で力をつけてから独立開業する人も存在しています。
インテリアコーディネーターは民間資格で受験資格は実務、学歴、年齢、ともに関係なく誰でも受けられる資格です。
試験の受験者数は12595名で合格率は21.9%です。
1次試験は択一式筆記試験です。
内容は、インテリア商品と販売の基礎知識として、
①インテリア商品・部材、②インテリア販売、③インテリア情報、④コンサルティング、⑤積算・見積、⑥住環境。
インテリア計画と技術の基礎知識として、
①住宅構造、②インテリア構成材、③室内環境、④インテリア基礎、⑤インテリア計画、⑥表現技法、⑦関連法規、になります。
2次試験は記述式で論文試験とプレゼンテーション試験があります。
論文試験では、インテリアコーディネーターとしての資質、能力、職業倫理が備わっていることが問われます。
また、居住環境(住まいの健康・安全など)、コンサルティング、インテリア計画に関する課題についての問題点の捉え方、理解力、判断力、表現力などを有しているかも問われます。
プレゼンテーション試験(図面の作成等)では、1次試験で理解した基礎知識を基に、多様なインテリア計画に関する基本コンセプトの作成、プランニング(計画立案)、プレゼンテーション(提案)の総合的な実務能力を有していることが問われます。
インテリアコーディネーターの合格率は例年20%前後。
独学での合格が不可能な難易度ではありませんが、スクールを活用する人も多いです。
インテリアコーディネーターの学習期間は平均で半年~1年程度。
科目合格制ということもあり、継続して学習すれば取得は難しくない試験といえます。

【受験者データ】受験者は8割方女性。受験者には住宅・建築・関連従事者が多い。女性合格者の7割程度が34歳以下と若い女性に人気。

ピックアップ ユーキャンのインテリアコーディネーター講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

快適な住空間を創造する「住まいのスペシャリスト」がインテリアコーディネーター。

アイデアやセンス、生活感覚を活かして新しい空間を次々に創り出す充実感や、お客様に感謝される喜びを感じることのできるやりがいの大きな仕事です。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ