福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターの難易度は普通(5段階で3レベル)といえるでしょう。
高齢者や障害者に住みやすい住環境を提案するアドバイザーが福祉住環境コーディネーターです。
医療、福祉、建築について体系的で幅広い知識を身につけ、
各種の専門家と連携しながら適切な住宅改修プランを作成する仕事です。
福祉用具や介護用品、家具等のアドバイスも行っていきます。
受験資格は制限なしで特にありませんが、1級受験には2級合格が必要です。
試験科目は、
1級:①福祉社会に向けての住環境整備の必要性、②福祉住環境コーディネーター1級の役割、③地域で支える高齢者ケア、④地域で支える障害者ケア、など1級公式テキストに該当する知識と応用問題。
2級:①高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境、②福祉住環境コーディネーターの役割と機能、③障害のとらえ方、④リハビリテーションと自立支援、など2級公式テキストに該当する知識と応用問題。
3級:①少子高齢化社会と共生社会への道、②福祉住環境整備の重要性・必要性、③在宅生活の維持とケアサービス、④健康と自立、など3級公式テキストの該当する知識と応用問題。
福祉住環境コーディネーター検定試験の合格率は、1級が4.4%、2級が47.8%、3級が65.5%となっています。

【試験日と受験料】試験は3級(4200円)と2級(6300円)が7月と11月、1級(10500円)は11月。
【収入・年収】会社によっては資格手当が出るところも。福祉関係ではスキルアップ、建築関係では仕事の幅が広がる。

ピックアップ ユーキャンの福祉住環境コーディネーター

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

これからの高齢化社会を考えると福祉住環境の知識はとても重要なものになってきています。

建築関係、福祉関係の職場ではこの資格を所有していると役立つことが多いでしょう。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

福祉住環境コーディネーターのページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ