介護福祉士

介護福祉士の難易度は5段階で3の普通レベルです。
介護福祉士は介護実務だけでなく指導も行う、介護の担い手として高齢化社会に貢献できる資格です。
寝たきり高齢者などの介護と指導が任務で、
社会福祉施設の介護職員や訪問介護事業所の訪問介護員として、
介護保険制度など大きな担い手としての役割が期待されています。
厚生労働大臣指定の養成校を卒業するか、国家試験に合格して資格を取得します。
介護福祉士は名称独占の国家資格で、受験資格に制限があります。
受験資格には、①老人ホームの介護職員や居宅への訪問介護員などで3年以上介護などの業務に従事した者(平成24年度からは養成施設の卒業が必要)
②高校など(専攻科含む)で福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した者、又は卒業見込みの者
試験科目は、筆記試験が「人間と社会」から、①人間の尊厳と自立、②人間関係とコミュニケーション、③社会の理解、
「介護」から、①介護の基本、②コミュニケーション技術、③生活支援技術、④介護過程、
「こころとからだのしくみ」から、①発達と老化の理解、②認知症の理解、③障害の理解、④こころとからだのしくみ、から出題されます。
実技試験は、介護などに関する専門的技能が問われます。
試験の受験者数は153811名で、合格率は50.2%になります。
介護福祉士国家試験の合格者の8割程度が女性です。
スクールや通信講座を利用する最大の目的は、出題範囲の絞り込み、自力では難しい専門用語や概念の解説を教えてもらうことです。
スクール・通信講座選択の着眼点は、一番は本人との相性でしょうが、このサイトでおすすめするのは「ユーキャン」です。
「ユーキャン」は、介護福祉士の試験でも実績が高いです。
的中率の高いオリジナルテキスト、万全のフォロー・サポート体制など充実しています。

ピックアップ ユーキャンの介護福祉士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

高齢化、核家族化の進行によって家族だけで介護をすることが難しくなり、介護福祉士のニーズはますます高まっています。

また介護保険制度の普及により、介護職にはますます専門性が求められ、この有資格者の重要性は増しています。

介護福祉士国家試験を受験して、介護福祉士の資格を取得するには、3年以上の実務経験を積んだ上で国家試験を受ける必要があります。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの介護福祉士合格指導講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ