公認会計士

公認会計士の難易度は、最難関(5段階で5レベル)といえるでしょう。
経理関係における最高のライセンスである公認会計士。
業務内容は多岐にわたりますが、企業その他法人の財務書類の監査や証明が軸になります。
これは公認会計士の独占業務であり、それだけ公正性と信頼性が求められ、社会的責任は重大になってきます。
業務独占の国家資格で、実務、学歴、年齢、関係なくだれでも受けられる資格です。
好不況に左右されない人気の資格でスペシャリストといえるでしょう。
志願者21255名に対して合格者は2229名、合格率は10.5%と厳しい数字となっています。
会社員の合格者も増加傾向にあり、努力次第で社会人のままでの合格も可能な資格といえます。
優秀な受験者だと半年程度の短期間で合格する人もいますが、合格までの学習時間は少なくとも1年以上、2000時間以上が必要だといわれています。
公認会計士試験では多くの人がスクールを利用しています。
商学部でなくても初学者から始めて1、2年で合格する方も多く存在します。
また社会人の合格者も増えてきており、スクールと仕事の二足のわらじで合格してしまう方もいらっしゃいます。
逆に独学だとかなり厳しいと言わざるをえません。
公認会計士試験で有名な学校といえば、TACをあげられるでしょう。
TACでは学習範囲・学習内容の取捨選択を効率よく行ってくれるため、受験者は最短距離で合格までたどり着くことができます。
資格の将来性としては、公認会計士の増加が問題になっていますが、会計士合格は高い能力の証明になるので他の職種でも十分通用する人材だと言えます。
営業力や語学力がプラスされれば、これからも高収入が期待できるでしょう。
【受験者データ】合格者の約7割が30歳未満、2割弱が女性。学歴は短大を含む大学卒業者が8割。
【試験日と受験料】短答式が12月と5月、論文式が8月。受験料は19500円。
【収入・年収】監査法人でふつうに出世すれば年収1000万以上。大手監査法人の初任給が400万円~500万円程度。30代で700万円~1000万円前後、40代で1200万円前後。

ピックアップ TACの公認会計士

資格予備校のトップランナーであるTAC。

そのスケールメリットともいえる全国規模のネットワークは圧巻です

また講師、教材、カリキュラムの質の高さには定評があります。

「試験に合格する」ための指導をしてくれる講師、傾向を徹底分析した教材、

インプットとアウトプットを戦略的に行うカリキュラムなど充実の試験対策が取れます。

振替受講やフォロー制度、また自習室の完備などバックアップ体制は完璧です。

初学者にとってもわかりやすい体系的なカリキュラムが組まれているのはもちろん、

資格試験を乗り越える上で大切になってくる仲間との出会いも予備校では生まれます。

難関資格の壁というのは確かに厚いものですが、

資格予備校のトップをいくTACのサポートがあれば十分合格を狙うことができます。

TACの講座が気になった方はまずWEBからできる無料の資料請求をおすすめします。

複数の予備校の資料を請求してより詳しく見比べてみるのもよいでしょう。

TACの公認会計士 で詳しくみることができます。


ピックアップ 資格の大原の公認会計士

通学講座の資格予備校として有名な資格の大原。

資格試験で(難関資格でも)高い合格率を誇っています。

大原の簿記・会計系で有名な資格の学校。 (そのほかの分野でも充実したカリキュラムを持っています)

トップクラスの人気講師が講義を担当し、

わかりやすく、かつ的を絞った考えられた授業を受講することができます。

難関資格の壁というのは確かに厚いものですが、

大原のカリキュラムとサポートがあれば十分合格圏を狙うことができます。

WEBからできる無料資料請求があるので興味のある方は試してみてはどうでしょうか。

いくつかの予備校の資料を見比べてみるのもおすすめです。

大原の公認会計士のページ で詳しくみることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ