建設業経理士

建設業経理士試験の難易度は、普通(5段階で3レベル)といえるでしょう。

建設業経理士は、建設会社で重宝がられる建設業経理業務の専門家です。

主に建設業の経理部門に従事している人を対象にした試験で、資格を取るためには、検定試験に合格するか、3級以下は2~3日の講習と検定試験を組み合わせた特別研修を受けるかの2つの方法があります。

1,2級は建設業経理士、3,4級は建設業経理事務士と呼ばれます。

受験資格は、実務、学歴、年齢に関係なく、誰でも受けられます。

試験の受験者数は14651名(2級)、合格率は31.3%(2級)となっています。

試験基準は、1級が上級の建設業簿記、建設業原価計算および会計学を修得し、会社法その他会計に関する法規をよく理解していて、建設業の財務諸表の作成およびそれに基づく経営分析が行えること。

2級は実践的な建設業簿記、基礎的な建設業原価計算を修得し、決算時に関する実務を行えること。

3級は基礎的な建設業簿記の原理と記帳および初歩的な建設業原価計算を理解しており、決算時などに関する初歩的な実務を行えること。

4級は初歩的な建設業簿記を理解していること。

【試験日と受験料】試験日は9月と3月。受験料は6100円(2級)。

ピックアップ TACの建設業経理士

資格予備校のトップランナーであるTAC。

そのスケールメリットともいえる全国規模のネットワークは圧巻です

また講師、教材、カリキュラムの質の高さには定評があります。

「試験に合格する」ための指導をしてくれる講師、傾向を徹底分析した教材、

インプットとアウトプットを戦略的に行うカリキュラムなど充実の試験対策が取れます。

振替受講やフォロー制度、また自習室の完備などバックアップ体制は完璧です。

初学者にとってもわかりやすい体系的なカリキュラムが組まれているのはもちろん、

資格試験を乗り越える上で大切になってくる仲間との出会いも予備校では生まれます。

難関資格の壁というのは確かに厚いものですが、

資格予備校のトップをいくTACのサポートがあれば十分合格を狙うことができます。

TACの講座が気になった方はまずWEBからできる無料の資料請求をおすすめします。

複数の予備校の資料を請求してより詳しく見比べてみるのもよいでしょう。

TACの建設業経理士 で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ