マンション管理士

マンション管理士試験の難易度は、普通(5段階で3レベル)といえるでしょう。

マンション管理士は、長期的な職業需要が望めるマンション管理の指南役です。

平成13年にマンション管理適正化推進法によって誕生した国家資格になります。

マンションの管理規約や長期修繕計画、管理組合の資金計画などでアドバイスしたり、個別のマンションの状況をみて問題点を判断し、それぞれの専門家へ橋渡ししたりするのが仕事です。

受験資格は、実務、学歴、年齢に関係なく、誰でも受けられます。名称独占の国家資格です。

試験の受験者数は19120名、合格率は7.6%となっています。

試験内容は、四肢択一の筆記試験50問で回答はマークシート方式です。

内容は、①マンションの管理に関する法令および実務に関すること(建物の区分所有等に関する法律、被災区分所有建物の再建などに関する特別措置法、民法、不動産登記法、マンション標準管理規約、マンション標準管理委託契約、など)。

②管理組合の運営の円滑化に関すること(管理組合の組織と運営、管理組合の業務と役割、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟と判例、管理組合の会計、など)。

③マンションの建物及び付属施設の構造及び設備に関すること(マンションの構造・設備、長期修繕計画、建物設備の診断、大規模修繕、など)。

④マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること(マンションの管理の適正化に関する法律、マンション管理適正化指針、など)

【受験者データ】30代~50代の受験者が多い。取得者は男性がほとんど(男性9割、女性1割)。

【試験日と受験料】試験日は11月。受験料は9400円。

ピックアップ TACのマンション管理士

資格予備校のトップランナーであるTAC。

そのスケールメリットともいえる全国規模のネットワークは圧巻です

また講師、教材、カリキュラムの質の高さには定評があります。

「試験に合格する」ための指導をしてくれる講師、傾向を徹底分析した教材、

インプットとアウトプットを戦略的に行うカリキュラムなど充実の試験対策が取れます。

振替受講やフォロー制度、また自習室の完備などバックアップ体制は完璧です。

初学者にとってもわかりやすい体系的なカリキュラムが組まれているのはもちろん、

資格試験を乗り越える上で大切になってくる仲間との出会いも予備校では生まれます。

難関資格の壁というのは確かに厚いものですが、

資格予備校のトップをいくTACのサポートがあれば十分合格を狙うことができます。

TACの講座が気になった方はまずWEBからできる無料の資料請求をおすすめします。

複数の予備校の資料を請求してより詳しく見比べてみるのもよいでしょう。

TACのマンション管理士 で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ