マイクロソフトオフィススペシャリスト(Mos)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(Mos)の難易度は5段階で2の易しいレベルです。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)はマイクロソフトが販売しているofficeシリーズの利用能力を認定する資格制度です。

合格すると世界中で通用する認定書が付与され、仕事上でのスキル証明に役立ちます。

wordやexcelなどのOffice製品は、多くの企業で使用しているため、

業界や職種を問わず「仕事に役立つ実務能力」として企業からも求められています。

MOSは民間資格で、受験資格は実務、学歴、年齢に関係なく、誰でも受けられる試験です。

試験科目は、

・Word(ワープロソフト)

・Excel(表計算ソフト)

・Outlook(電子メール・情報管理ソフト)

・powerpoint(プレゼンテーションソフト)

・access(データベース管理ソフト)

・Windows Vista

の6科目からなります。

すべてパソコンを使用した実技試験で、1科目ごとに受験します。

ワード、エクセルにはスペシャリストレベル(一般)とエキスパートレベル(上級)の2種類があります。

累計受験者数が250万人を超える人気資格で、合格率は非公開ですが、かなり高いことが予想されます。

試験は独学でも十分に取得可能です。

参考テキストを購入し、しっかりと対策すれば合格は間違いないでしょう。

通信講座ならばユーキャンがおすすめです。

実際にある事例を交えてわかりやすく説明してくれ、図表やイラストを多く取り入れて、読みやすいテキストを使用します。

費用も通常のスクールと比べてお安くなっています。

ピックアップ ユーキャンのマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

面接で「私はパソコンを使えます!」とアピールしても、どの程度使えるか説明しづらいため、面接官にはなかなか伝わりません。

そこで便利なのがPCスキルを証明する資格、世界基準でワードとエクセルの技能を証明するマイクロソフト オフィス スペシャリストなのです。

マイクロソフト オフィス スペシャリストを、新人研修やキャリアアップに奨励している企業も多いため、資格の信頼性は十分です。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンのマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ