今が「旬」なIT資格リスト

いま社会的にもニーズが高まっているのがIT系資格です。
複雑化するIT社会においてIT関連の技術は私たちの仕事の領域に深くかかわってきています。
単なる事務職であってもパソコンを使わない企業は稀なほどITが仕事の道具となってきています。
そんな事務職で人気なIT系資格が、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)です。
PC資格 MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)はマイクロソフトが販売しているofficeシリーズの 利用能力を認定する資格制度。
合格すると世界中で通用する認定書が付与され、仕事上でのスキル証明に役立ちます。
wordexcelなどのOffice製品は、多くの企業で使用しているため、
業界や職種を問わず「仕事に役立つ実務能力」として企業からも求められています。
ワードやエクセルなど仕事で必須な技術を修得するのにMOSはもってこいです。
難易度はそれほど高くなく合格率も高いので、
事務職希望の就職活動中の方はぜひ修得しておきたいですね。
ITを仕事とする花形はプログラマシステムエンジニアWEBデザイナーでしょう。
IT系の職種を目指す人の登竜門としてITパスポート試験があげられます。
情報処理技術者試験のレベル1に相当します。
現代のビジネスマンとして、だれもが共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識や
ストラテジ系マネジメント系テクノロジ系のそれぞれの分野における基礎的な用語、概念など
が問われる試験です。
ITパスポートを修得できたら、
情報セキュリティスペシャリストITストラテジスト試験システム監査技術士などの上級資格へ進んでいくことができます。
プログラマが目指す資格は言語ごとに様々ありますが、おすすめはJavaプログラミング能力検定試験Linux技術者認定試験(LPIC)C言語プログラミング能力検定試験などがあります。
WEBデザイナーを目指す場合は必ずしも資格修得が必須ではないですが、
国家資格であるウェブデザイン技能検定、民間のWEBクリエイター能力認定試験WEB検定などが存在しています。
実力勝負の世界ですが、資格があれば基礎能力の証明になるでしょう。
他にもCAD関連の資格を取ると就転職に有利になるでしょう。 CADトレース技能審査CAD実務キャリア認定制度CAD利用技術者などがあります。

このページの先頭へ

  • サイトマップ