証券アナリスト

証券アナリスト試験の難易度は、難関(5段階で4レベル)といえるでしょう。

証券アナリストは事業会社の財経、IR部門で活躍も可能な証券投資戦略の専門家です。

経済、産業の動向や企業の財務状況など幅広い情報を収集、分析し、顧客に具体的な投資情報の分析や投資管理、投資運用サービスアドバイス等の投資戦略を提供する専門家。

通信講座と2回の検定試験をクリアし、証券分析業務の実務経験3年以上の者が取得できる資格です。

試験の受験者数は16792名、合格率は47.6%となっています。

講座の内容は、第1次レベルが、証券分析業務に必要な基礎的な知識と分析力の習得を目的として、3科目にわけて行われる。

①証券分析とポートフォリオ・マネージメント、②財務分析、③経済。第1次レベル講座を修了すると第1次試験を受験できます。

第2次レベルでは、証券分析業務に必要なより高度の知識とその実務的応用力、そして証券アナリストに要求される職業倫理の習得を目的として、次の4科目を総合して受講する。

①証券分析とポートフォリオ・マネージメント、②コーポレート・ファイナンスと企業分析、③市場と経済の分析、④職業倫理・行為基準。

第2次レベル講座を修了すると、第2次試験を受験できます。

独学が不可能というわけではないですが、どうしても傾向と対策がつかみにくくなる傾向があります。

スクールを利用する最大の目的は、出題範囲の絞り込み、自力では難しい専門用語や概念の解説を教えてもらうことです。

証券アナリストの試験対策のスクールでは、「TAC」がおすすめです。

「TAC」は、証券アナリストの試験でも実績が高いです。

講義で使用するテキストや問題集も非常に良く、それまで協会の通信教育だけで独学されていた受験生からも定評があります。

特に、「TAC」の2次対策(総合本科生、速習本科生)を利用すると、難解な応用問題の記述式対策を万全にすることができます。

なお、通学できない場合には、通学講座を収録したDVDがあるので、安心して利用できます。

自宅で繰り返し講義のDVDを見ることができるので、苦手科目克服には通信が有利です。

詳しい資料はこちらから⇒証券アナリスト「TAC」

【試験日と受験料】第1次レベルが4月・第2次レベルが9月か10月。受験料は3科目で12000円(受講料は別)。

【収入・年収】500~1000万程度が平均的とのデータもあります。独立する人は他の資格に比べ少なく、企業内、会社内での活用が主に。

このページの先頭へ

  • サイトマップ