宅建

宅建試験の難易度は、普通(5段階で3レベル)といえるでしょう。

宅建は、宅地建物取引業界での活躍が望める人気の高い国家資格です。

不動産取引業に欠かせないこの資格は、数多い国家資格のなかで、最も人気の高いものの1つです。

毎年20万人近い受験者がチャレンジしています。

受験資格に学歴や実務経験の制限がないことから、その受験者層は、サラリーマン、学生、OL、主婦とじつに多様であります。

試験の受験者数は195515名、合格率は17.9%となっています。

試験科目は4肢択一の筆記試験が50問出題され、所要時間は2時間になります。

①土地の形質、地積、地目、種別、及び建物の形質、構造、種別に関すること。

②土地及び建物についての権利と権利の変動に関する法令に関すること。

③土地及び建物についての法令上の制限に関すること。

④宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。

⑤宅地及び建物の需給に関する法令と実務に関すること。

⑥宅地及び建物の価格の評定に関すること。

⑦宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

宅建に関しては参考書類も充実しているので独学でも対応可能が、

初学者の場合、宅建の学校を利用して勉強するのが合理的でしょう。

独学が不可能というわけではないですが、どうしても傾向と対策がつかみにくくなる傾向があります。

スクールを利用する最大の目的は、出題範囲の絞り込み、自力では難しい専門用語や概念の解説を教えてもらうことです。

宅建の試験対策のスクールには、「LEC東京リーガルマインド」「TAC」などがあります。

スクール選択の着眼点は、一番は本人との相性でしょうが、このサイトでおすすめするのは「TAC」です。

「TAC」は、宅建の試験でも実績が高いです。

的中率の高いオリジナルテキスト、最強講師陣の分かりやすい講義、万全のフォロー・サポート体制、多様な受講スタイル、施設の充実など充実しています。

またコストを抑えたい方にはユーキャンの通信講座をおすすめします。

ピックアップ TACの宅建

資格予備校のトップランナーであるTAC。

そのスケールメリットともいえる全国規模のネットワークは圧巻です

また講師、教材、カリキュラムの質の高さには定評があります。

「試験に合格する」ための指導をしてくれる講師、傾向を徹底分析した教材、

インプットとアウトプットを戦略的に行うカリキュラムなど充実の試験対策が取れます。

振替受講やフォロー制度、また自習室の完備などバックアップ体制は完璧です。

初学者にとってもわかりやすい体系的なカリキュラムが組まれているのはもちろん、

資格試験を乗り越える上で大切になってくる仲間との出会いも予備校では生まれます。

難関資格の壁というのは確かに厚いものですが、

資格予備校のトップをいくTACのサポートがあれば十分合格を狙うことができます。

TACの講座が気になった方はまずWEBからできる無料の資料請求をおすすめします。

複数の予備校の資料を請求してより詳しく見比べてみるのもよいでしょう。

TACの宅建 で詳しくみることができます。


ピックアップ ユーキャンの宅地建物取引主任者(宅建)

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

宅建試験の合格率は受験者の15%以上(2002年以降)で、毎年3万人前後の合格者が出ているようです。

ユーキャンの講座を受かれば絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

ユーキャンのオリジナル教材は、薄いのに本試験で出題される問題の合格ラインを、毎年余裕でカバーしています。

また、試験にズバリ出る所を短期間でやさしく学べます。

初心者、初学者であっても安心して勉強に取り組めます。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの宅地建物取引主任者(宅建)のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ