気象予報士

気象予報士試験の難易度は、難関(5段階で4レベル)といえるでしょう。

気象予報士は自身で的確な気象予報を発信できる資格になります。

気象業務法の改正で、民間でも局地的な予報にかぎり、気象庁とは別に独自の気象予報が出せるようになりました。

その気象予報士の資格試験では、実務経験者は学科試験の一部または全部が免除されます。

有名人が取得するなどマスコミにとりあげられることが多いようです。

受験資格は、実務、学歴、年齢に関係なく、誰でも受けられます。業務独占の国家資格です。

試験の受験者数は9390名、合格率は4.7%となっています。

試験科目は、学科試験が、①予報業務に関する一般知識(多肢選択式、1時間)、その内容が、Ⅰ大気の構造、Ⅱ大気の熱力学、Ⅲ降水過程、Ⅳ大気における放射、Ⅴ大気の力学、Ⅵ気象現象、Ⅶ気候の変動、Ⅷ気象業務法そのたの気象業務に関する法規、

②予報業務に関する専門知識(多肢選択式、1時間)、その内容が、Ⅰ観測の成果の利用、Ⅱ数値予報、Ⅲ短期予報・中期予報、Ⅳ局地予報、Ⅴ短時間予報、Ⅵ気象災害、Ⅶ予想の精度の評価、Ⅷ気象の予想の応用、Ⅸ長期予報。

実技試験が、記述式の2時間半(途中休憩あり)で、①気象概況およびその変動の把握、②局地的な気象の予報、③台風等緊急時における対応、になります。

知識の専門性と試験勉強の範囲を考えるとやはり独学では厳しいです。

合格者のほとんどが学校・通信講座を利用して合格しています。

コストを抑えたい方にはユーキャンの通信講座をおすすめします。

【試験日と受験料】試験日は8月と1月で、受験料は11400円。

【収入・年収】お天気アナウンサーならば高収入が期待できる。契約社員、週4日勤務で、テレビで活躍する気象予報アナウンサーの月給が20万~30万円とのデータも。独立などは不可能。

ピックアップ ユーキャンの気象予報士合格指導講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

気象予報士は、様々な観測データから総合的に判断して独自の天気予報を行う気象のスペシャリストです。

いまや気象情報は、農漁業をはじめ、交通、流通産業、観光・レジャー産業…など私たちをとりまくあらゆる社会機構にとって欠くことのできないものとなっています。

気象予報士試験には、大気力学・熱力学・数値予報といった内容(大学一般教養レベルの数学・物理学)が含まれています。

学科試験では7割程度の得点が必要といわれ、応用力を問う実技試験もあります。

でも、難しそうに見えても私たちの暮らしに密着した「天気」に関する問題が出されるのです。

日常生活で自然に身についた知識も十分合格の手助けになります。

つまり、気象予報士試験は誰もが合格の可能性を秘めているのです。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの気象予報士合格指導講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ