通関士

通関士の難易度は5段階で3の普通レベルです。

通関士は、通関業務の専門家として活躍できるスペシャリストです。

国際貿易の輸出入は、すべて税関に申告して許可を得なければなりません。

その通関手続きに必要な書類の審査をするのが通関士になります。

全国約980社の通関業者に就職して活躍します。

国際貿易時代の前途有望な国家資格といえるでしょう。

通関士は国家資格で、受験資格は実務、学歴、年齢に関係なく誰でも受験ができます。

試験の受験者数は10367名、合格率は7.8%になります。

試験科目は、①通関業法(50分)、②関税法、関税定率法、その他関税に関する法律及び外国為替及び外国貿易法(第6章に係る部分に限る)(1時間40分)、③通関書類の作成要領その他通関手続きの実務(1時間30分)になります。

試験科目の免除として、通関業者の通関業務又は官庁で関税に関する事務に15年以上従事したものは試験科目②と③を、5年以上従事したものは③を免除されます。

通関士試験の対策には、資格スクールを活用する割合が高いが、独学で合格する人も中には存在します。

そうはいってもスクールは受験生の心強い味方です。

勉強期間は早い人で半年程度。資格スクールで通関士対策講座も多数開講されています。

学習に必要な時間は400~500時間位と言われています。

働きながらの勉強となると1年ぐらいは必要。

以前は男性受験者の割合がかなり高かった通関士試験ですが、

最近は女性の受験者が増加傾向にあり全体の30%~40%を占めます。

通関士試験の合格率は例年10%~30%程度。

ピックアップ ユーキャンの通関士講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

国境を越えてモノのやりとりをするには、税関に申告して検査や審査を受けなければなりません。

通関士は申告・検査・関税納付・許可といった通関手続きを輸出入者に代わって行う、貿易のスペシャリストです。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの通関士講座のページで詳しく見ることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ