調剤薬局事務

調剤薬局事務の難易度は5段階の2で、易しいレベルです。
調剤薬局事務は「調剤報酬請求事務(レセプト作成)」を中心に、事務作業全般を行います。
専門的な技能が必要とされる仕事でありながら、
難易度が比較的低く、取りやすい“手軽さ”が人気の資格になっています。
受験資格は特にありません。
試験時期は年6回の(1月、3月、5月、7月、9月、11月)です。
会場受験と在宅受験があります。
ユーキャン調剤薬局事務講座の受講生なら、受講期間(12ヵ月)内に実施される在宅試験を受けられます。
受験料は5,500円になります。

【受験者データ】女性が取りやすい資格のため女性の割合が多いです。
【試験日と受験料】年6回の(1月、3月、5月、7月、9月、11月)受験料は5500円。
【収入・年収】パートだと時給1000~1500円、正規だと300~400万円程度の水準のようです。

ピックアップ ユーキャンの調剤薬局事務講座

通信講座として信頼と実績が高いユーキャン。

ユーキャンを受講するメリットは、テキストで独学よりも効率よく学習できる点、また費用も割安な点にあります。

調剤薬局事務が扱うのは、医療分野のなかでも「薬剤」の分野だけです。

学習範囲が限定されていますので、難易度はそれほど高くありません。

ユーキャンの講座を受ければ絶対に合格するという保証はありませんが、他の講座と比べてより合格しやすいシステムにはなっています。

テキストも図解・イラストつきで初めて学習するという方にもわかりやすい内容になっています。

ユーキャンのテキストなら、合格のコツが身につく学習が可能です。

ただ通信講座が合う合わないは個人差がありますので、まずはユーキャンが出している書籍をチェックしてみたり、WEBからできる無料の資料請求がおすすめです。

ユーキャンの調剤薬局事務講座 で詳しくみることができます。


このページの先頭へ

  • サイトマップ