税理士

税理士の難易度は、最難関(5段階で5レベル)といえるでしょう。
税理士は税務処理代行のスペシャリストです。
会社や個人からの依頼で所得税、法人税、事業税、相続税、固定資産税などの税務業務を代行したり、税務書類作成や税務相談に応じます。
資格試験は何年かかっても5科目に合格すればよく、自分なりの受験計画を立てるのが大切になります。
税理士は業務独占の国家資格になります。独立開業に適しています。
受験資格は、
1.大学、短大、高専、専修学校の卒業者で、法律学又は経済学を主たる履修科目とする学部・学校を卒業した者
2.司法試験合格者
3.日商簿記検定1級合格者
4. 全国経理学校協会主催簿記能力検定試験上級合格者、ほか
試験の受験者数は51479名、合格率は15.9%になっています。
試験合格後、2年以上の実務経験を積めば、税理士登録ができます。
(実務経験は試験合格前でも後でもOK)
簿記論と財務諸表論の2科目は必修です。
税法に関する 所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税の9科目のうち3科目選択。(ただし、所得税法又は法人税法のいずれか1科目は必ず選択。)
通常の学習期間は年1~2科目程度で合計3年以上は必要となります。
また多くの受験生はスクールを活用しています。
有名なスクールは大原、TACなどがあげられます。
独学は険しい道を自らいくようなものなので、スクールを活用して効率的に勉強を進めていくのがおすすめです。
税理士の資格は社会人のチャレンジも一般的で、働きながらスクールに通う受験生が多くみられます。
科目合格制であるため、それほど難易度は高くない試験と考えがちですが、各科目の合格率は大体10%強とそれぞれの科目は結構な難易度になっています。

【受験者データ】20代~30代が多い。
【試験日と受験料】試験日は8月、受験料は1科目3500円。
【収入・年収】年収は新人時代が300万円程度で、そこから700万円~800万円程度。 独立の場合、年収300万円クラスから年収2000万以上とピンキリ。大きな事務所の場合には1億円超えの高所得者も。

ピックアップ TACの税理士

資格予備校のトップランナーであるTAC。

そのスケールメリットともいえる全国規模のネットワークは圧巻です

また講師、教材、カリキュラムの質の高さには定評があります。

「試験に合格する」ための指導をしてくれる講師、傾向を徹底分析した教材、

インプットとアウトプットを戦略的に行うカリキュラムなど充実の試験対策が取れます。

振替受講やフォロー制度、また自習室の完備などバックアップ体制は完璧です。

初学者にとってもわかりやすい体系的なカリキュラムが組まれているのはもちろん、

資格試験を乗り越える上で大切になってくる仲間との出会いも予備校では生まれます。

難関資格の壁というのは確かに厚いものですが、

資格予備校のトップをいくTACのサポートがあれば十分合格を狙うことができます。

TACの講座が気になった方はまずWEBからできる無料の資料請求をおすすめします。

複数の予備校の資料を請求してより詳しく見比べてみるのもよいでしょう。

TACの税理士 で詳しくみることができます。


ピックアップ 資格の大原の税理士講座

通学講座の資格予備校として有名な資格の大原。

資格試験で(難関資格でも)高い合格率を誇っています。

大原ではトップクラスの人気講師が講義を担当し、

わかりやすく、かつ的を絞った考えられた授業を受講することができます。

難関資格の壁というのは確かに厚いものですが、

大原のカリキュラムとサポートがあれば十分合格圏を狙うことができます。

WEBからできる無料資料請求があるので興味のある方は試してみてはどうでしょうか。

いくつかの予備校の資料を見比べてみるのもおすすめです。

大原の税理士講座のページ で詳しくみることができます。

このページの先頭へ

  • サイトマップ